00049

キャビンアテンダントになるには

2016年2月29日

女性がなりたい職業で大人気

10代の学生に聞いた「将来なりたい職業」のランキングの女性部門でよく「キャビンアテンダント」の文字を見かけませんか?
私が小学生や中学生の時は、キャビンアテンダントになりたい女子が多くて、英語だけやたらとできる人が割といた記憶がありました。
また、2006年にフジテレビ系列で毎週火曜日の21:00~21:54の枠で放送されたドラマ「アテンションプリーズ」で上戸彩が主演を務めたキャビンアテンダントを志す女性のヒューマンドラマがとても流行していたのもきっかけに、現在20歳の私の周りではキャビンアテンダントに憧れる人が多かったのかもしれません。
そんなキャビンアテンダントはどうやったらなれるのでしょうか。

キャビンアテンダントになるための流れ

受験できる航空会社数はとても多いです。受験できる会社数も多ければ、採用される方のタイプもさまざまです。 数多くの航空会社を、個々に企業研究し過去の事例を調べ、採用試験までの計画を立てる事が必須となります。 どのような働き方をしたいのか、外資系か国内系の航空会社を志望するのかを決め、企業研究を行い、それによりどの程度の英語力が必要になるのかを把握することが大切です。
高校生の方なら英語の専門学校、短大、大学、また最近ではエアラインスクールを開設しておられる大学も多数あるのでそこへ行くのがいいかもしれません。
また、大学生の方なら、留学も視野に入れ英語力を強化にする事もいいかもしれません。さらに、大学2回生~3回生秋ごろの就活解禁日までには、ある程度の航空会社就職に必要な知識を身に付けるため、エアラインスクールに通うのも有効な手段です。

エアラインスクールの利点

エアラインスクールでは、どのように内定に至ったのか数多くの事例があります。また現役キャビンアテンダントやOBからの体験談を参考に目標を達成するには何が必要なのか?を学べるということが単なる英語の大学との大きな違いで利点だと思います。
そして、短期間での情報収集や受験対策をしやすく、エアライン受験に特化した英会話を習得でき、さらには必要なマナーや知識を習得する事ができるので、キャビンアテンダントになりたいのであればとりあえずエアラインスクールに通うというのが一番無難なのかもしれません。