016

キャリアアップのための転職に踏み切るのはいつ?

2016年6月20日

社会人として働くうちに、実力をつけ、実績を残していくと、よりレベルの高い企業への転職を意識すると思います。しかし、転職のタイミングって、なかなか分かりづらいですよね。「もう少し、この企業で経験を積んだ方がいいのかな」、「年齢的に遅すぎるかな」など、様々な不安があると思います。そこで、ここでは、キャリアアップ転職に踏み切るタイミングについて、考えていきたいです。

あなたにとっての「キャリアアップ」とは?

そもそも「キャリアアップ」という言葉の捉え方は、人によって違います。まずは自分が目指しているものや、「将来こうなっていたい」というビジョンを明確にしましょう。これらが決まっていない転職は、目標とするものが無く、何の計画性もないものになってしまいます。「収入を上げたい」、「やりがいのある仕事をやりたい」など、自分の気持ちを見つめ直し、具体的に何を求めているのか、つまり、何のために転職するのかを明確にするのが大切だと思います。

情報収集と準備

ある程度、方向性が決まったら、情報収集です。自分の目指している企業に転職するためには、どんなスキルや資格が必要か、プラスアルファでどんなスキルが武器になるか、徹底的に調べましょう。当たり前のことですが、自分の能力が十分でなければ、理想の企業に転職しても、成功は望めません。転職を実行に移す前に、必要な能力が自分にあるか見極め、現時点で、自分に能力が無ければ、勉強して身につけてからでも遅くありません。年齢的な不安があると、焦ってしまう部分もあるかと思いますが、転職の成功が最優先です。妥協せずに、しっかりと準備しましょう。

転職のタイミング

転職のタイミングですが、年齢で考えるのではなく、自分の準備の進度で考えるべきだと思います。上で述べたように、転職の方向性が定まり、自分のスキルが十分だと言えるようならば、20代でも、30代後半でも、転職に踏み切ってみてはいかがでしょうか? 私は、迷っている時間が一番無駄だと思います。転職を意識したその時から、そこへ向かって動きだすこと、それが一番大切です。

まとめ

ここまで、キャリアアップ転職について、考えてきました。転職は、その後の人生を大きく左右するものです。そのため、入念に準備をして、転職に臨んでほしいと思います。