010

企業研究の進め方

2016年5月17日

転職活動を行う上で、企業研究はとても重要なものになります。時間が無い人はインターネットで何となく情報収集をして転職活動を乗り切ろうと考える人もいるかもしれません。しかし、企業研究はしっかりしておかなければなりません。企業研究をしっかりしておけば、転職した後に後悔しないことがあるのです。それでは転職する際の企業研究は一体どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

企業研究で気をつけるべきこと

企業研究を行うにあたり、気をつけるべきことがいくつかあります。このポイントをしっかりチェックしておかないと、後悔すること間違いなしです。それでは1つ1つ見ていきましょう。
(1)どんな人材を求めているか
企業毎に、募集している人がどんな人が望ましいかを募集要項に記載されています。ここをしっかりチェックしておかないと、あなたがどれだけ優秀な人材でも、企業が欲していなければ採用されることはありません。企業側が求め流人材と自分がマッチしているのかをまずはチェックすることが大切です。
(2)会社の経営理念・会社概要をしっかりチェック
会社の経営理念や会社概要はしっかりチェックしていますか。固い文章のオンパレードで苦手という人もいるかもしれませんが、大企業はビジョンがしっかりしているのでしっかり書かれている傾向にあります。そのため、この法則に則ると、小さい企業でもビジョンがしっかりあれば会社として信頼できる会社の可能性があります。そのため、経営理念をチェックすることは大切な作業でもあります。
(3)四季報を用いて企業研究
ホームページだけでは物足りないという人は、四季報をみて企業研究をするのも良いでしょう。これらには会社の経営状況から、社員の年収まで様々な細かいデータが記載されています。数字に強い人であれば、四季報をじっくり観察することで、転職を希望している会社が本当に良い会社かどうかということが見えてくるはずです。

以上のポイントを基本に押さえた上で、企業を客観的に研究してみるのも良いでしょう。
どうしても行きたい会社でも企業研究することで本当に自分にとってプラスかどうかがわかります。企業研究することが自然と面接時に、なぜこの会社に必要なのか。ということを話す上で大切な材料になるので、しっかりやっておきましょう。

まとめ

学生時代の就職活動で、企業研究が苦手という人がいたかもしれません。しかし、企業研究は、転職活動をする上では大切な活動の1つといえます。転職後に後悔しないためにも、会社を客観的にチェックし、本当にふさわしい会社か見極めましょう。