00028

ネットの評価がイマイチな会社が第一志望、正直不安?

2016年4月15日

働きたいと見つけた会社。ネットでの評判を調べる人は少なくありません。自分が働く会社がいったいどのような会社なのか知りたいのか。そして、便利なインターネットを使って調べることは悪いことではありません。しかし、調べることで余計な心配をしてしまうケースもあります。もし、自分が働こうとしている会社の評価がとてもよくない場合、それだけで会社の選択肢を外してしまいますか
今回は、インターネットであまりよくない評価の会社に希望をしている場合、どのようにすることが良いのか考えていきましょう。

転職先の評判を調べる2段階の方法

インターネットの情報は、いつでも調べることができるもので便利なツールであります。
しかし、それだけがすべての情報であるということではありません。正しい情報が含まれていることもありますが、中には情報そのものが嘘であるということがあります。
しかし、会社に入ってみないとわからないこともあります。そんな時にどうすることが必要なのでしょうか。自分である程度調べることが求められますが、やみくもに調べても意味がありません。そこには2段階の方法で調べる手段があると思います。
それでは、この2段階の方法とはどのようなものなのでしょうか。

(1) 実際に働いている人の話を聞く
第一段階として、実際に働いている人の話を聞くということがあります。この時1人の人だけではなく複数人の意見を聞くと良いでしょう。大手企業であればあなたの知り合いの誰かがつながっているかもしれません。もし知り合いで働いている人がいるとすれば、まずは実際に働いている人の情報を集めることが良いと思います。
しかし、この方法は全員ができるものではありません。人の繋がりが出来ているからこそ可能な手段なので、そのことを念頭に置いておく必要があります。
(2) 社内見学をさせてもらう

第一段階は転職活動中に出来る活動ですが、内定をもらった後にはその先の活動を行うことができるかもしれません。それは、内定をもらった後に、社内見学をさせてもらえないか交渉をすることです。会社によっては難しいかもしれませんが、事情を話して転職先としてしっかり決めたいという主旨説明すればきっと検討してくれるはずです。
社内見学をすることで、あなたがその会社を肌で感じることができ、ネットの評価との違いを理解することが可能ではないでしょうか。

まとめ

転職先のネットでの評価が悪いからといって選択肢から外してしまうのは非常にもったいないことです。大切なことは、自分で適切な会社かどうかを判断すること このことをしっかり考えて情報収集を行っていきましょう。