00113

面接で、プラスアルファの自分を見せよう

2016年4月17日

転職活動において避けて通ることが出来ないものは面接です。面接を行わずに転職出来るケースはとても稀であります。そのため、どんな仕事を就くためにも面接は必要であるのです。そんな面接を突破するためには、一体何が必要なのでしょうか。そこで大切になってくるのは、面接で自分のプラスアルファをいかに見せるかということ ということなのです。では、プラスアルファの自分を見せるためには面接において一体どのようなことが大切なのでしょうか。改めてポイントをしっかり確認してみましょう。

プラスアルファを見せるためのコツ

面接を行う際に、いくつかのポイントを念頭におかないと、プラスアルファの自分を見せることは出来ません。それっでは、どのようなポイントに気をつける必要があるのでしょうか。考えていきましょう。

(1)面接官は履歴書を事前にチェックしている
面接官は、あなたのことを履歴書で事前にチェックしています。そのため、面接では履歴書をもとに様々な質問をしてくることや、あなたがどのような人物であるのかを想像しているはずです。履歴書の自分を大きく見せてしまうと、面接官と会った時に書類の方が魅力的に感じた。ということがあるかもしれません。そのため、履歴書と今の自分のギャップがあまりないように心がけることも大切です。

(2)第一印象に気をつける
履歴書の内容が魅力的に感じても、面接官が対峙した際に雰囲気が悪いなどの印象を受けてしまうと覆すのに時間がかかってしまいます。そのため、第一印象に気をつける必要があるのです。具体的には、身だしなみや挨拶などをしっかりするということが大切です。
基本的なことではありますが、第一印象は面接でプラスアルファの自分を見せる第一歩。笑顔でビシッとしている姿を心がけましょう。

(3)模擬面接を繰り返す
面接は、色々なことを頭で分かっていてもいざ実践になると発揮することが出来ない場合があります。普段のパフォーマンスを発揮すれば必ず突破出来ると思っていても、面接が全てになってしまいます。そのため、いつどんな状況でも最低限の自分を見せることが出来る工夫が必要なのです。そのためには面接という環境を繰り返し行うことが大切です。 何度も練習することでブラッシュアップされ、どんな時でも最低限の自分を見せることが出来るのです。

まとめ

面接は、どの会社に入るためにも避けては通ることは出来ないものです。面接をどのように見せるか戦略を考えるのも大切です。 自分が会社に入るためにどのようにすれば良いのか。仕事と同じでプランを練ることが成功の近道であると思います。