014

転職者は退職者の代わりなのか?その可能性を検証していきます

2016年10月29日

転職をしようとハローワークや転職サイト、転職情報誌など利用すると必ずその仕事の経験している転職者を募集している会社があると思います。その理由の一つとして考えられるのが、その会社の経験者が急に退職してしまいその穴を埋める人員募集の為、経験者という条件を掲げているのだと思います。しかし転職者は退職者の代わりでしか無いのでしょうか?というわけで転職者は退職者のか代わりでしか無いのか否かと転職者はどのようなスタンスで働いていけばいいのかを今回は話していきたいと思います。

退職者の代わりという可能性は十分ある

まずテーマにもなっている転職者は退職者の代わりでしか無いのかというはことですが、転職者は退職者の代わりであるという可能性は十分考えられます。企業も急な退職者が出た場合、人員が不足することになり社内にもその退職者の代わりになるような人材がいなければ同じレベルかそれ以上の人材を補充して穴埋めしなくてはならなくなってしまいます。しかし転職者は退職者の代わりではあるとは思いますが、その退職者と同等かそれ以上の活躍を期待されているということになります。

社内の事情によるものもある

2つ目に考えられるのがその会社の社内事情による転職者の募集という可能性もあります。社内で新しい部署を開設した時や事業拡大したときなどに予想よりも人員が必要になった為、経験のある転職者募集するというのはよくある話です。この場合も転職者に求められるのは即戦力としての活躍です。

しかし一日も早く戦力になることが大事

上記2つでは転職者が何故求められるのかを話しましたが、募集用途とは違えども共通して言えるのが転職者は即戦力のとしての活躍が求められるということです。結局、退職者の代わりであれ事業拡大の人員補充であれ、経験者として採用されるということは会社からは期待されているということになります。その為一日も早くその会社の一員としての自覚。を持つことが大切になります

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職者は退職者の代わりである可能性は十分考えられます。ですが会社によっては新しい部署を新設したときや事業拡大による採用の可能性もあり一概にも転職者は退職者の代わりであるとは言えません。しかしこの2つのパターンに共通して言えることは転職者である以上、即戦力での活躍が期待されている事になります。