00111

声優になるには

2016年3月2日

アニメが盛んな現代、日本のみならず世界からも評価されている日本のアニメですが、そのアニメのキャラクターに命を吹き込むのが声優という仕事です。
今では、声優は歌手やタレントとしての活動をする人も増得ています。
例を出すと、水樹奈々は歌手としてもとても人気があり、紅白歌合戦にも何回も出演していますし、T.M.Revolutionとのデュエット曲「Preserved Roses」と「革命デュアリズム」が好評で2013年のレコード大賞企画賞を受賞しました。
また、2015年の紅白歌合戦では「アニメ紅白歌合戦」と称して紅白歌合戦出演者が様々なアニメソングをカバーして披露していたり、アニメ「ラブライブ」から生まれた声優アイドルユニットμ’zが紅白歌合戦に出演したことも話題になりました。
そんな声優にはどうしたらなれるのでしょうか。

必要なスキル

声優になるにはやはり演技力と声の発声力が必要です。
しかし、アフレコ以外の仕事もする現在の声優では、顔がキレイで可愛ければアイドル声優として活動もできますし、水樹奈々や藍井エイルのように歌唱力があれば歌手としても活動できる声優にもなれるので、ただ単に演技が上手というだけだは声優にはなれないのかもしれません。

声優オーディションに参加

声優は一般的な職業と違い、普通の大学を出て就職活動をしてもなれるというようなものではありません。専門的な職業なので普通の学校に行っても声優のことは学べず、声優になることはできないのです。
なので、声優になる一つの手としてオーディションがあります。
オーディションの情報はネットや雑誌で探す事ができます。ネットで見つけた場合、記載され
ているメールアドレスに必要事項を書いてメールすればそれだけで応募完了になるところもあります。

声優学校へ通う

上記のような声優オーディションに参加すると言っても何をどう対策すればいいか分からないと思います。
独学で勉強するのもありかと思いますが、声優学校へ通って声優としてのレッスンを受けるのが無難だと思います。

給料は?

デビューしたての新人さんの場合、30分枠の番組の最低ラインが15,000円程度だそうです。この収入は活躍によって45,000円程度にまで上がります。
しかし、アニメは大体3か月から6か月の周期で変わるので、安定した収入は得られないです。